夜逃げをされてしまったら(所在不明の場合)

「家賃滞納者が夜逃げをした…!」

「賃料滞納者の残置物,これどうしよう…」

借主に夜逃げされてしまった場合,オーナー様としては,家賃・賃料は回収できない残された残置物撤去もできないその間新しい借主を入居させることもできない,など頭を悩ませるかと思います。このような場合,オーナー様が迂闊な処理をすると,重大な責任が生じることがありますので,いち早く確実に解決させるためにも,早めに専門家に依頼したほうがよいかと思います!

 

滞納者の残置物は勝手に処分してはダメ?

オーナー様としては,夜逃げした借主の残置物の撤去はいち早くされたい,とお考えだと思います。しかし,残置した家財道具には借主の所有権が及んでいますので,これを勝手に廃棄・処分すると,所有権侵害としてオーナー様が損害賠償責任を負うことになります。

中には,賃貸借契約書に「建物明渡後に動産を残置したときは,賃貸人は賃借人の費用で廃棄,処分することができる」という条項を設けている場合があります。しかし,この条項をもってしても,オーナー様の方で借主の家具等の家財道具一式を処分できるわけではないので,注意が必要です。

 

夜逃げされた場合,どうしたらいいの?

借主が夜逃げをしても,オーナー様との賃貸借契約は継続していますので,建物を明け渡したことになるわけではありません。借主が夜逃げをした後にオーナー様が無断で家具等の家財道具一式を撤去・廃棄し,建物の鍵の付け替えをすると,オーナー様が自力救済したこと(権利を侵害された者が,司法手続によらず実力をもって権利回復をしようとすること)になってしまいます。

所定の手続きを取らず自力救済することは違法であり,オーナー様に損害賠償責任が生じるほか,住居侵入罪器物損壊罪といった犯罪になる可能性もあります。

そこで,家具の撤去を適法に行い,建物を借主に貸すことができる状態にするためには,建物明渡訴訟を提起して建物明渡しを命ずる判決を取得し,この判決に基づく強制執行として残置されていた家具等の家財道具一式の搬出・廃棄処分という手順を取る必要があります。

なお,この場合,訴えようとしている借主本人が夜逃げをして,どこにいるかが分からないことが多いので,訴状を送達しようにも受領することはできません。ですから,訴訟提起の際には公示送達の申出をしておく必要があります。

以上のとおり,借主が夜逃げした後の事後処理は,決して簡単なことではなく,複雑な部分も多いため,お困りの方は是非一度当事務所にご相談ください!

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0363561010電話番号リンク 問い合わせバナー