借主が孤独死していたら…

大家さんにとって最も困ってしまうことの一つとして、ある日突然高齢者の借主が孤独死していたことが挙げられるかと思います。

亡くなった方のご遺体の処理残置物撤去部屋のクリーニングなどやらなければならないことが沢山あるからです。

しかしその一方で、亡くなった方が保有していた権利や、亡くなった方との間で交わされた賃貸借契約によって、大家さんの行動に制限がかかってしまいます。

以下では、高齢の借主が孤独死した場合の注意点とやるべきことについて解説していきます。

 

借主が亡くなると、賃貸借契約はどうなる…?

高齢の借主が亡くなった場合でも、賃貸借契約は終了しません。

借主の地位は、亡くなった方が遺言書等を残していない場合、相続人に承継されますので、賃貸借契約を解除するためには、相続人をご自身で調査し、亡くなった借主の相続人と行わなければなりません。(相続人の調査については、こちらをクリックしてください。)

仮に相続人が複数いる場合、賃貸借契約の解除は相続人全員と行う必要があります。

また、部屋にある残置物の所有権も相続人に承継されるため、処分するためには相続人の承諾がいり、大家さんが勝手に処分するわけにはいきません。

この場合、相続人に引き取ってもらうか、相続人から残置物放棄書に署名をもらい、残置物の所有権を放棄してもらう必要があります。

 

借主が亡くなった後どうすればいい…?

高齢の借主が亡くなった場合、まずは相続人と連絡をとりましょう。

賃貸借契約の解除・残置物の処理等、必ず相続人とやり取りをします。

相続人の所在が分からない場合は、大家さんが戸籍謄本等を収集し、相続人の調査を行わなければなりません。

戸籍や住民票などによって相続人の住所を調べて、その方宛てにお手紙を送付し、賃貸借契約の解除や残置物の撤去のための手続きをしていきます。

相続人と連絡が取れればよいですが、連絡がつかなかったり、相続人が相続放棄をしていたりすると、賃貸借契約の解除や残置物の処理は一筋縄ではいきません。

その場合には「相続財産管理人」の選任を家庭裁判所に申立てて、選任された相続財産管理人と賃貸借契約の解除をしていくことになります。(相続財産管理人についての記事はこちら

 

以上のように、高齢の借主が亡くなってしまうとその後の対応が非常に難しいので、借主が高齢の場合、普段からコミュニケーションを取り、予め連絡が取れる親族やケアマネジャーなど福祉関係の方を把握しておくようにしましょう 。

 

「滞納されている家賃を相続人に請求したい…!」

「残置物の処理を相続人にしてもらいたい…!」

「高齢の借主に孤独死してしまった場合、信頼できる専門家に相談したい…!」

 

そのような悩みを抱えていらっしゃる方は、是非当事務所へお問い合わせください!

 

その他の相続手続きについては、こちらをクリックしてください。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0363561010電話番号リンク 問い合わせバナー